Hiroshi'Blog

mkrdmgr21.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:海釣り(その他)( 7 )

アジの泳がせも不完全燃焼

2012年10月6日 11:30~18:00 泳がせ釣り
場所:筒石漁港
釣果:アオリイカ(胴長 18cm) 1杯  ツバイソ(ワカシ) 

昼間はエギングの釣果がパッとしませんので、今回は初めからアジの泳がせ釣りで挑戦しました。
ところが肝心のエサのアジが全く釣れません。エギングも考えましたが、情報では本日は激渋のようですので竿を出す元気もありません。遠投カゴもこんな状況では期待できません。どうしたら良いか途方にくれていたところ、豆アジが港内の浮遊ゴミの下にいたことを思い出し、そこで10匹ほど確保しました。
e0151930_18493254.jpg今回使用した仕掛けです。親針はチヌ針2号、ハリスはイナダが掛かっても良いように2.5号、2本目の針は10号のトリプルフックを改造しダブルフックとしました。方法は1つのフックを写真のように伸ばします。高火力ライターで赤変するまであぶってなますと折れません。フックの角度や間隔は各自工夫してください。なまさなくても多少の角度調整は可能です。
次に針の刺し方ですが、親針はアジの上あごに上下に通します。(鼻に通すと抜けやすい) そしてダブルフックは針の先が前を向くように背中に刺します。このときの親針間のハリスは、決して張らないように余裕を持たせます。張っていると魚の動きがおかしくなるだけでなく、フックが抜けてしまいます。
そしてアタリがあったら軽く合わせます。向う合わせで掛かることはまずありません。

1杯目は始めて30分ほどで釣れました。ウキはチヌ用棒ウキ(割ビシ:特大)を使っていますので、豆アジでも簡単に沈んでしまいます。このときは潜っている時間が長かったので、ミチ糸にテンションをゆっくりかけるとずっしりした重みが伝わってきました。間違いなく付いている事は確認できましたので軽く合わせました。そうしたところ、そこそこな引きでしたので、また小さめなヒラメかなと思われましたが本命が掛かっていました。
その後、30cm程度のツバイソ(ワカシ)が続きましたが、それが最後に全く釣れません。アジがかじられたのも2回あっただけで、アオリイカだけでなく根魚の気配もほとんどありませんでした。

釣れる日、釣れない日が予め分かれば助かりますが、それでは釣りの楽しさが半減してしまうとおっしゃる方も多いでしょう。人が釣れないときに釣るのが醍醐味と思っている方も多いでしょうが、私は竿が出せれば満足してしまうタイプですかね。
アオリイカの大きいのも釣りたいけれど、今年はまだクロダイの顔を見ていないので、こちらも頑張りたいと思います。
[PR]
by abcden21 | 2012-10-07 17:14 | 海釣り(その他)

カゴ釣りとの出会い

10月24日 上越

ふとした出会いによって人生が変わることもあるだろう。
それだけ出会いと言うものは大切と思うが、今日の出会いは我が釣り人生の転期に間違いなくなりそうである。

e0151930_2123657.jpg


今日も上越地方のいつもの漁港でいつものエギング。前回と同じくこの日もさっぱり。サイトフィッシングをやろうにもかろうじて1杯いたのみ。今日もアオリは留守か。2回続けて丸坊主は避けたいので、豆アジで泳がせを始めた。でもこちらも同じく気配すらない。
それじゃイナダでもやろうと場所を替えたが、あいにく風向きが悪く遠投できない。
このとき何故かいつもは行った事のない、上方の堤防が気になった。

上に登ってみると先客のおじさんが1人居た。
のんびり竿を出しているのでぶっこみと思い、どの方向に投げているのか分からないので聞いてみた。
返ってきた答えはカゴ釣りで指を差した方向にウキらしきものが見えた。投げサビキのようなものかと思いながら邪魔にならないように泳がせを始めた。

そのうちおじさんが尺アジを上げた。これが釣れるとクロダイが来ないと嘆きながら、アジいらないかと聞いてくる。もちろん喜んでいただいた。
昼間こんな大型釣れる事もたまにはあるだろうと思っていると、その後も次から次と続くではないか。でも本人は一向にうれしそうにない。
それもそのはず、昨日は50cm前後のクロダイを3枚上げたとの事。
これは只者ではないとカゴ釣りをご教示いただいた。話を聞くうちにこれぞ目からウロコ、これほど理に適った釣りはないと確信した。これが遠投カゴ釣りとの出会い。次からはこの釣りに決定!


ところで、このときに以前ここで釣ったという、胴長60cmのおばけアオリの写真を見せて貰った。自分が追い求めているものとサイズが違い過ぎ、一気にアオリの熱が冷めてしまった。

<本日の釣果>
キジハタ、クロソイ、いただいた尺アジ2本
[PR]
by abcden21 | 2009-10-25 18:47 | 海釣り(その他)

高くついたフェリー片道1000円

佐渡 二見港
09年5月30~31日

佐渡汽船が土日片道1000円を始めた。車のみであるが、無料の乗船券があるので会社の釣り仲間2人と佐渡遠征することになった。
3人で往復7000円弱である。それじゃ、ノッコミのクロダイを狙おうということになった。

佐渡に詳しい私が案内することになった。予報では風が強いということであったが、二見港は波もなくいい天気でした。

始めてまもなく、仲間の1人がメタルジグで25cmのメバルを上げた。
クロダイを狙う予定だったが、これをみてしばらくルアーをやってみることにした。
しかしながら後が続かない。結局クロダイに絞ったが、ルアーを続けた2人のうちの1人が60cm弱のイナダを上げた。もともと彼はジギング、エギングを得意にしているが、さすが佐渡だ、上越よりは大物が釣れそうな気がする。
結局、昼間の釣果はこれだけで、後は夜釣りに期待するしかない。

夕方から小さいテトラの上ででクロダイを始めた。しかしながら釣れるのは中アジとメバルのみ。釣り上げた獲物をクーラーボックスに入れにいくのも面倒なので、足元に置いたタモ網の中に入れておいた。
辺りは真っ暗になり、そのうち獲物もだいぶ溜まってきたので、一旦クーラーに移すことにした。
タモを持つとずっしりと重い。大漁大漁とほくそ笑みながら、テトラの上をひょこひょこと軽い足取りで飛び跳ねていった。
そのときである。足がテトラの淵に十分掛かっていなかったのか踏み外した。穴に落ちた感じであったがすぐに足が着いた。ところがほとんど同時に右ほほに大きな衝撃が走った。ボクサーが相手のストレートパンチをまともに食らったような感じである。一瞬何が起きたか判らない。恐る恐る手で触れてみると血がついてくる。痛みと痺れでほほ骨が折れたかと思った。とりあえずタモを持ってそこから脱出したが、獲物は粗方ばら撒いてしまっていた。

顔の傷は仲間も心配してくれて、そのうち青くなるといやなことを言ってくれる。明日そんな顔でフェリーに乗れないよ。
ところがここからがまたショックだった。

周りがよく見えない。それもそのはずメガネも飛ばしてしまっている。みんなで海面を捜してくれましたが、プラスチックといってもアクリルの比重は海水よりも大きいので、沈んでしまったのか見つからなかった。
アイメトのメガネが007.gif あのときは思い切って買って大事に使おうと思っていたのに、1年半の短い付き合いになってしまった。

その日は仲間と車中泊となったが、顔を強打したこととメガネを失くしたショックで眠れなかった。

フェリー代の1000円は高くついてしまった。
誰かメガネを釣り上げたら、それは私のものですから。
釣果のほうは、報告できそうなものは結局イナダ1匹のみでした。

なお、顔のほうは幸いにも青あざにはなりませんでしたが、擦り傷がひどかったので帰りのフェリーではマスクをしていました。ところがマスクは品薄の為か、これまた高かった!
[PR]
by abcden21 | 2009-06-01 21:18 | 海釣り(その他)

佐渡 大荒れの天気の中で頑張る

08/11/22~11/23 二見 稲鯨 敷島荘

今年最後となる佐渡を次男と訪れた。
今の時期、日本海側は荒れた天気が多くなるが、そんなとき二見は風裏となるのでここを選んだ。
そうは言っても初めての場所。どこで竿を出したら良いかわからないので、一応ネットやガイド本で勉強しておいた。


e0151930_18574596.jpg
<二見堤防>写真は「ガメチン」さんから借用しました。なお、電柱は今はありませんので、竿を思い切り振り回せます。

堤防の途中の突き出た先端でダンゴをやる。いい型のベラが続くがこればかりはキープしたことがない。それにメバルもそこそこ釣れるが本命が来ない。
そのうち平べったいのがきた。ヒラメと確信し喜んだが、残念ながらどの方向から見てもカレイだった。
途中から雨模様の天気で、一旦宿に引き上げた。

宿の食事の際は疲れ果てて放心状態。眼のピントも定まらず今日はここまでかと思ったが、次男が夜釣りをやりたいという。
外は雨、風ともにひどい。
それでも次男の熱意に負けて、稲鯨港でやることにした。

風が強くて道具が飛ばされそうなので、持ち物は必要最小限にした。
こんな日に竿を出しているのは、佐渡広しといえども我々だけだろう。
しかも、釣れるのはメバルにカサゴ程度である。
そのうち堤防の上で雨に混ざって白くて細かいものが跳ねている。アラレである。それも結構な勢いで降っている。
その次は雷である。それも近い。
さすがの次男も帰ろうと言い出した。

翌日はフェリーまで多少時間があったので、息子はアジ釣りをやった。
その釣ったアジを餌にヒラメを狙ったが、なかなか狙って釣れる魚ではない。
納竿となり最後その竿をしまおうとすると、えらく糸が出ている。ごみが掛かって出たのかなと思ったが魚が掛かっている。
しかも手元に来ると結構な引きである。今度こそヒラメゲットと心躍ったが、期待を裏切るイナダであった。

今年の佐渡行きは計5回で過去最高を記録したが、残念ながら釣果はいまいちであった。

まだまだ腕は発展途上である。
[PR]
by abcden21 | 2008-11-24 22:34 | 海釣り(その他)

佐渡 <羽茂 小木>

08/11/8~11/9 羽茂 小木

次男と会社の仲間2人と4人で佐渡遠征です。
今回は遠くに行かなくても釣れるだろうと、小木港の隣の羽茂港でエギング。

初めてまもなくタコが掛かったが、タモを用意している間に海にお帰りになりました。
よく見るとエギが2つある。タコからエギを外してやったことになる。
浦島太郎じゃないけれど、助けた亀ならぬタコにお礼して貰わなくちゃ。
ところがドッコイ、今日は危ないから皆逃げな、とでも言っているかのようでその後はさっぱりでした。
結局、仲間の1人がかろうじて1杯上げたのみ。

夕方切り上げ小木の宿に向かった。

夕食後クロダイを狙ったが、仲間のもう一人が塩漬けイワムシで35cmを上げたのみ。この餌、現地で手に入れたようで結構高価だったと。何で上越で買ってこなかったのか理解に苦しむ。佐渡の釣具店さんには申し訳ないが、値段がかなり高いし生き餌がない。その点私は必ず、いとう釣具店さんで生きのいい餌を買っていくことにしている。

翌朝は暗いうちからエギングだったが、4人揃って丸坊主であった。

今回もひどい釣果であったが、しかしこれを読んだ他の釣り人には励みなるだろう。
佐渡へ渡っても必ず釣れるものではありません。

負け惜しみじゃないけれど、去年はもうちょっと良かったなあ。
[PR]
by abcden21 | 2008-11-10 22:11 | 海釣り(その他)

佐渡 <羽茂 小木港>

2008/10/11~10/12 羽茂 小木

次男と佐渡遠征です。
佐渡は遠くに行かなくても釣れるだろうと、小木港の隣の羽茂港でまずエギング。
ここは初めての場所でポイントを探し回っているだけで、大分時間をロスしてしまった。
結局アオリの姿も見ずに、夕方から羽茂川でアジ泳がせを始めたが反応がない。こうなったら意地でも釣ってやるとジギング、ウキ釣り、ぶっこみといろいろやり出した。どれもパッとしない中、ユムシのぶっこみの竿にコツンコツンと当たりがきた。これは期待できると、竿を持ちながら次に備える。大きな当たりはすぐにきた。5号の竿が大きくしなり、これはもらったとやり取りが始まったが、長くは続かなかった。ユムシは針掛かりが悪いというが、すっぽ抜けてほぼ原型を保ったまま付いていた。
これ以上粘っても無駄と思い小木へ移動した。

今日は車中泊であるので、時間はいくらでもある。
小木港では2~3人のエギンガーが頑張っていた。少しは上がっているとのことなので、23時まで粘ってたったの2杯だった。
翌朝はマズメを狙ったが釣れたのは日が完全に昇ってからだった。この日の3杯目だったか、朝日を通して透かして見たアオリの姿が、実にきれいで見惚れていた。スミは途中で吐いてしまったんだろうと思った瞬間、思いっ切りやられた。頭のてっぺんからつま先まで全身である。透き通って見えてもスミはあるのだ。

e0151930_2144790.jpg
<小木港佐渡汽船旧埠頭>先端はスミで真っ黒にでした。車が止まっている反対側でも3杯釣れました。

e0151930_21335788.jpg
<次男が起きたて竿を振っている>
[PR]
by abcden21 | 2008-10-14 21:20 | 海釣り(その他)

佐渡 釣り<琴浦、新谷岬、宿根木>

2008/5/3~5/5

佐渡は全島が釣りポイントと言っていいほどだ。そして釣り場が多くて人が少ないので、一級ポイントもガラガラである。
上越のように魚の数より人の数のほうが多いなんてことはない。
今回、上越から百数十回訪れているというグループに会ったが、彼らも地元の混雑を避けて通っているという。クロダイをやっている隣に発電機を持ち込まれたり、知ってか知らずかマナーが悪すぎる。
私も以前、黒井で大アジを狙っていたときのこと、朝から行って場所取りをして、夕方地合になって1匹上げたら、周りから一斉に放り込まれこちらが投げる場所が一瞬でなくなってしまった。たかがアジで何故そこまでする。それ以来そこへは行っていない。

てなわけで、最近買った空撮のガイドブックを片手に、佐渡の新しいポイントを訪れた。
次男は部活の柔道よりも釣りのほうが好きらしく、今回も同行した。

e0151930_22421143.jpg
<琴浦港から新谷岬方面を望む>

宿根木周辺はフェリーターミナルの小木から車で20分程度で、大変近い磯場である。
初日は琴浦港から新谷岬に入ったが20分以上歩く。後でわかったが宿根木ライスセンターの先に車を止めて、そこから降りたほうがずっと近い。
道中、まるでヤスリのようなところばかりだったので、靴の底がぼろぼろになった。

e0151930_21252684.jpg
<新谷岬>写真上の細くとがってみえるところ。 写真を撮っている場所から降りられる。


やっと釣り場に辿り着いて竿を出すが水深がある。これだけ深いと付け餌とコマセが同調するとは思えない。もともとフカセは発展途上のため釣れる気がしない。この釣りは比較的シンプルな為、工夫をしようにも限度があり、いきなり壁にぶち当たってしまった。その後、ダンゴやぶっこみをやるが結果は同じだった。近くで息子がアジ釣りをやっていたが、こちらは中アジが入れ食いで食傷気味であった。

翌日は宿根木でクロダイを狙ったが、昨日も今日も初夏のような天気である。しかもべた凪。
このあたりの地磯は確かにすばらしいと思うが、普段堤防ばかりを攻めている者にはハードルが高そうだ。
この日も目ぼしい釣果はなし。一体佐渡まで来て何してるんだろう。

帰りのフェリーに乗る前に、道具の整理、掃除を兼ねて港内でクーラーをきれいにしていた。
アジは大漁であるが、わざわざ佐渡で釣るほどのものではない。
このときクロダイ釣り師がいたので、反対側で邪魔をしないようにしていた。
そのうちこの釣り師の竿が大きくしなり、36~37cm程度のクロダイが上がった。
車横付けの場所である。

この3日間の釣行を考えると、非常に複雑な心境である。
まあ、次回の教訓とするか。
[PR]
by abcden21 | 2008-05-06 20:46 | 海釣り(その他)
line

   こさど丸(06年夏)    佐渡と上越をメインフィールドにしている長野在住のアングラー備忘録


by abcden21
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31