Hiroshi'Blog

mkrdmgr21.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

佐渡家族旅行 釣り編

2009/8/12~15 釣り <稲鯨 高下>

家族旅行とは言え、妻や息子の彼女には申し訳ないが、頭の中は釣りのことばかり。
海岸線を運転中もいい釣り場がないか気になって仕方がない。

そんなことで最初はお魚いっぱいの稲鯨港へ行った。ところが今回は昨年とまったく様子が異なり、クロダイが1匹も姿を見せない。それでも夕方皆で竿を出したが、こませに魚が集まってくる気配がない。小あじはいるが釣果と言えそうなものはなかった。
同じ場所で夜釣りを次男と2人で行った。大量のコマセと付け餌に高価なイワムシも使ったが、チビメバルとカサゴが少々で散々たるものであった。ここまでして釣れないとなるとお手上げだ。
e0151930_21111098.jpg
<稲鯨港>船が係留されている横を車で突き当たりまでは入れます。この堤防の周辺でもクロダイが釣れます。

3日目は朝から荒天であったが、大野亀、二ツ亀方面まで行って戻ってくる頃には雨も上がり、途中の高下の港で竿を出すことにした。ここは堤防の奥まで車で入れる。
以前は何回かいい思いをしたことがあるが、一瞬にしてハリスをぶち切られたのもここである。
また、向かいの赤灯台の場所は昔、一晩で3桁のクロダイが上がった伝説のポイントであるが、今は見る影もない。
今回はダンゴで攻めるが反応なし。フカセに変えてもグレも来ない。

結局ここも丸坊主であった。

お魚さんどこへ行ってしまったんでしょう。
e0151930_2113366.jpg
高下港堤防の上り口(写真は2005年当時)

e0151930_21133632.jpg
<堤防の上> ここまで車が入れます。沖の堤防の先に帆掛島の先端が見えます。なお、外側のテトラは大型で危険ですから乗らないほうが良いです。(2005年当時の写真。最近は堤防の上には何もありません)

e0151930_2114995.jpg
<帆掛島> まあまあの釣り場のようです。ただし岩の形状から左右の移動は難しいようで、場所を良く替える方には不向きです。
[PR]
by abcden21 | 2009-08-16 22:00 | 佐渡の案内

佐渡 家族旅行 シュノーケリング

2009/8/12~8/15

今回は我が家の夏の行事としてすっかり定着した佐渡旅行である。
長男の彼女も始めて加わり賑やかであるが、それだけに釣りは少々我慢しなければと思っている。

日中は主にシュノーケリング。佐渡の海は海流の関係からか、真夏であっても冷たいところが多い。今までは日焼け止めも兼ねてTシャツを着て泳いでいたが、寒さにはほとんど効果がない。てなわけで今年から全員ラッシュガード着用となった。

佐渡の海はいつ見てもきれいであり、また魚介類が豊富である。ここで泳いでしまうと上越辺りの海では全然楽しめない。釣りと一緒である。
e0151930_2245867.jpg
<千畳敷の磯>比較的泳ぎやすい場所と思いますが、泳いでいる人はいませんでした。とは言っても深みはそこらじゅうにあるので、ファミリー向けではありません。

e0151930_21574670.jpg
<尖閣湾の海水浴場>テトラの手前が海水浴場になっています。更衣室、温水シャワー完備ですが、駐車スペースは狭いので注意です。

泳ぎに関しては長男はすごすぎて付いて行けない。あまりに深く潜るので、何かあったときに助けにいけないから、毎回そのことを注意している。今回はどん深の海に慣れていない彼女がいるので、決して目を離してはいけないと言ってある。まあ、いつもの泳ぎができないのでこちらにとっては安心である。
我が家の磯遊びは、いきなり水深2~3mから始まるところが多い。今回は安全を考えて5mを越えるようなところへは行かないことにしたが、それでも今まで足の届かないところで泳いだことのない彼女は、面食らったかも知れない。

佐渡は毎年訪れているが、今回は20年ぶりくらいに観光を行った。中学生の次男は歳の数より多く来ていても初めてである。
佐渡ではほとんどが釣り、海水浴、キャンプ等のレジャーが中心である。

今回は彼女の為にも佐渡金山を訪れた。
さすがに20年前とは違って、一層観光地化している。中でも昔はなかったが、透明なアクリルケースに入った12.5kgの金の延べ棒が人気がある。ケースの穴から手を入れて、取り出せたら記念品贈呈である。皆さん必死にチャレンジしているが、重いだけでなく穴の径が小さいので難度はすこぶる高い。
ここで普段は大人しい次男が活躍した。長男は運動神経もよく体育会系であるが、その影に隠れて次男は運動は目立たない。中学の部活も精々サッカーかなと思っていたところ、何と格闘技の柔道を選んだ。このときは親として当然忠告した。それでも本人の希望は固く、そんなわけであるから活躍は望むべくもない。
しかし伊達に柔道をやっているわけでない。腕の太さの割りに力があるから、後もう少しのところまでは持って来れる。だが、いかんせん穴の径が小さい。(腕の太さ+延べ棒の太さ)<(穴の径)でないと取り出せないのである。

e0151930_2139522.jpg
結局成功はしなかったが、ほとんどの人が持ち上げることもできない中にあって、本当に惜しかった。本人は十分満足したと思う。
[PR]
by abcden21 | 2009-08-16 12:43 | 佐渡の案内
line

   こさど丸(06年夏)    佐渡と上越をメインフィールドにしている長野在住のアングラー備忘録


by abcden21
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31