Hiroshi'Blog

mkrdmgr21.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

アジ釣りで反省

2010年5月29日 14:30~19:30

遠投カゴ釣りおよびアジ投げサビキ
場所:筒石港
釣果:イナダ2本、アジ(31~34cm)8本

今回は一応会社の仲間と筒石港で落ち合うことになっていたが、堤防は人っ子一人いませんでした。また仲間も来ませんでしたので単独釣行となりました。
両隣の能生港と名立港は無茶混みなんですが、ここはいつも空いているね。
曇り空でしたが風も弱く、いかにも釣れそうな雰囲気です。こんな中で釣りができるのは至福の極みです。

さて、いつものように遠投カゴ釣りを始めました。
第2投目で仕掛けを巻き取っているときに、小さいながらもイナダが釣れ、リリースしようか迷いましたが、その後釣れなかったときの保険としてキープしました。
しかしながら、クロダイ狙いで底を這わせているため、釣れる魚は限られます。上層を狙えばイナダが来ることは分かっていますが、今のイナダははっきり言って美味しくない。
クロダイもその点褒められたものではありませんが、あの引きを求めてひたすら投げまくりました。
そして18時を回った頃でしたか、後からいらっしゃったアジ釣りの面々の1人が40cmオーバーを
上げました。
でかい!感覚的には45cmはありそうな、初めて見るサイズでした。

e0151930_2148346.jpg
釣果  タナが合っていたらこの3倍は釣れていたかも

これを見ちゃやらないわけにはいかない。
早速、投げサビキを始めましたが、釣れる針はカゴ天秤の餌付きのみ。
そのうち、お隣のグループは爆釣モードに突入。
仕掛けの投げ方もぎこちない方が、たかだか15~20mの距離で上げています。
それに比べるとこちらは明らかに釣れない。
原因は仕掛けと思い交換しましたが状況変わらず。大アジはタナが深いはずなので底近くまで沈めてみましたが変化無し。
自分のポジションは途中から潮の流れが変わり、潮上になってしまったのも不運の1つでした。

いやー参った。過去にも1回こんなことがあり原因が分かりませんので、今回は帰り際にお隣のリーダーらしき人に聞いてみました。
それによると、夕方頃はタナは深くても良いが、暗くなってくると1時間に1mくらいの割合で浮いてくるとのこと。
最後は深さ3~4mのところだったらしく、こちらとは2~3mの差があり、しかも団体でそのタナを攻めているので勝負になりません。
プライドを捨ててもっと早く聞けば良かった。

今日の教訓としてアジ釣りを甘く見てはいけません。
既成概念にとらわれないことが大切です。
[PR]
by abcden21 | 2010-05-31 21:18 | 遠投カゴ釣り

ヒラメリベンジ

2010年5月22日

船釣り(謙信丸)
直江津沖
釣果:1.5枚?(船中17枚)

前回4回当たりがあったにも関わらずボウズであったので、もう一度チャレンジしなければ気がすまない。
というわけでまた行ってきました。

先週から激釣れモードに突入したようなので、今回は2人で竿を3本出すことにしました。そして先週の反省事項として、何かが足りなかったので予習も十分してきました。
ヒラメ釣りの場合、当たりがあってから待ち過ぎるのも良くないというので、適当なところで合わせてみたいと思います。それと孫バリのトリプルフックはゴツイので丸セイゴにしました。

船は今回も謙信丸。先週と違うのは気温が上がっているので、ウエアがオールウェザーからレインになった事ぐらいかな。それでも風があったのでオールウェザーのほうが良かったと思います。今の季節は夜はまだまだ寒い。

さて、本題に入りますが、始めてすぐに隣の人が60cm程度のヒラメを釣り上げました。このときに私の仕掛けとオマツリしていましたが、程度はひどくはなかったので特に気にもしませんでした。ところが今度は逆側の無人の竿とオマツリです。何もしないでオマツリは前回はなかったことです。これには参りました。自分が原因で周りに迷惑をかけているのではないかと考え出すと、釣りに集中できません。でもその後、師匠もこの無人の竿とオマツリしましたので、どうも原因はヒラメに追われたアジが暴れて隣と絡まったようです。

当たりのほうは今回も早めにやってきました。師匠も好きにやっていいと言うのでググゥと大きく引き込まれたときに、
普段の調子で合わせました。残念ながらまた掛かりませんでした。合わせが大きすぎたようです。
次の当たりは師匠がオマツリを解こうと難儀しているときでした。師匠に分からないように、静かに何食わぬ顔で続けていました。
下手に合わせるとバラすので、大きな当たりがあってもロッドをキープしていただけですが、それで掛かったようです。やっと、待望の1枚です。
その次は無人の竿にやってきました。これはただひたすらヒラメの好きに任せておりました。そしたら掛かったんですね。
どうも向う合わせが一番のような気がしてきました。
師匠は完全にこの釣り方です。結局彼は最後の1時間に2枚釣り上げ面目躍如というところです。

ところでヒラメを捌いていて思ったのですが、まじまじ見ると変な形をしている。神様はどうしてこんな奇妙な魚をつくったのでしょう。表側に目が2つある。これじゃ、浮いてくると下が見えないのではないでしょうか。
ここのヒラメ釣りは照明を使ってまずベイトを集めます。ベイトを追ってヒラメが浮いてしまうと、底にある仕掛けは目に入らないことになります。
タナに関しては底から1~4mくらいの範囲で探ったほうがいいかもしれません。(船長は1~2mと言っていますが。。。)

e0151930_7441432.jpg
62cmと54cm ただし大きいほうは口をあけてあごが出ているので測る際に有利

e0151930_7432772.jpg
右下が筆者です

e0151930_7445541.jpg
謙信丸の乗り場 遠くに見えるのが火力発電所の工事現場、その向うが有名な黒井になります。
[PR]
by abcden21 | 2010-05-23 18:18 | 船釣り

70cmのヒラメGet??

徹夜明けの疲れた頭でやっと書き上げたブログを、プレビューの確認のみでアップロードをせずに閉じてしまった。
もう一度思い出しながら書くしかないが、思いっ切りがっかり。

2010年5月15日 17:00~22:00
船釣り(ヒラメ)
場所:直江津沖
釣果:船中合計24枚 本人はボウズ

知人からヒラメ釣りを誘われ、初めての乗船になった。
彼は今年4回出船しているが一度も当たりすらない。彼だけでなく船内全体がそんな状況であるので、逆にそろそろ釣れだしても良さそうだが、正直全く期待していなかった。
直江津沖のヒラメは、例年5~6kgクラスも普通に姿を見せるようだ。レギュラーサイズが2~3kgというからとにかくでかい。彼はそんな釣りに嵌っている。

e0151930_20552264.jpg
いただいた70cmのヒラメ
船釣りの後、夜中に名立港で釣った31cmのアジがとても小さく見えます。

e0151930_20573524.jpg
31cmのアジがすっぽり入ってしまいます。口もでかい。それにしても凄い面構えですね。

船はえびすや釣具店の謙信丸である。今はヒラメ釣り一本に絞っている。

さてヒラメ釣りはマダイよりも難しいと言う。今回も船長が注意事項として、当たりがあっても自分の判断で合わせるのではなく、声を賭けるように言っていた。
素直な私はその言葉どおりにやって後悔している。

さて、当たりのほうは意外と早めにやってきた。コツンコツンの次にロッドが絞り込む当たりがきた。船長を呼んだところ、竿を持って確認してくれた。間違いなく掛かっているのというので私が巻き始めると、ん?付いてないじゃん。
ハリ掛りの確認している間にお帰りになりました。
あ~あ、やっちゃった。
仕方がないので新しいアジを付けて投入すると、意外にもまたすぐに当たりが来た。
すると今度は知人が確認してくれて大物が掛かっていると言う。しかし、私が巻き始めると手応えなし。何と痛恨の連続バラシ!
続いて3度目の正直を願って仕掛けを投入すると、またまたすぐに当たりあり。今度も知人がハリ掛りを確認してからロットを渡してくれた。
確かに凄い引きだ。これなら嵌るわけだと思っているとフッと抜けた。
信じがたい3連続のバラシ!

皆さん、こちらがビギナーと思って慎重になりすぎていない?
ズブの素人ではないので少しはまかせてくださいよ。
ヒラメの当たりはクロダイと同じでそんなに何回もあるものではない。少ない当たりを確実に物にしないと釣果に結びつかない。

4回目の当たりが来るまで、それほど時間を必要としなかった。
このときは船長が対応してくれたが、ハリ掛りする前にどこかへ消えてしまった。
結局この後当たりはなかった。

それにしてもこのままで終わるわけにはいかない。
大体釣れるわけがないと、通り一遍の予備知識で望んだのが間違いだった。
これから真剣に勉強してリベンジするつもりだ。そして次回から自分の意思で、自分の手で釣り上げてやる。

ところで知人はこのときに3枚上げている。ボウズの私が気の毒に思ったのか、2枚上げた時点で1枚を持っていかないかと言う。しかし、今年5回目でやっと手に入れた獲物であることを知っているので固辞したが、今まで相当な数をあげているので気にするなと70cmのヒラメを譲ってくれた。
この話には続きがあり、知人はこの後続けて深夜便にも乗船し5枚上げている。合計8枚である。
また、このときは最高5.8kgが上がったそうである。

上越の海も捨てた物ではない。
[PR]
by abcden21 | 2010-05-16 16:37 | 船釣り

長男に自己記録を抜かれてしまいました

2010年5月3日 9:00~17:30
場所:筒石港
釣果:クロダイ49cm、45cm

ゴールデンウィークに入り、各地は賑わいを見せていますが、釣り場もトップシーズンと言えるのではないでしょうか。
でも、それほど釣れる時期とは思えませんし、特に今年は海水温の上昇が遅れているため、あまり期待はできないそうにありません。
それでも、これから6月にかけてクロダイ釣りは全力投球になりますので、行けるときに行っておかないと。。。
e0151930_2353820.jpg
長男は初めての遠投カゴ釣りで49cmをGet

今回は帰省中の長男とその彼女も加わり、次男と合わせ4名での釣行になりました。連休も3日目でやや出遅れ感が否めないですが、お魚がコマセの食べすぎでお腹を壊していないことを願っていました。
行く途中で見た堤防は満員御礼状態で、目的の堤防の混み具合が気になるところでしたが、ここはあまり人気がないのか空いていました。
先客の1人にお断りして隣で竿を出すことにしました。

遠投竿は3本用意しましたが、その中の1本が4号にもかかわらず12号のカゴにはパワー不足で距離が出ない。
昔買った竿で表示がいい加減だ。仕方がないから近場の投げサビキにしたが、結局この竿では何も釣れず。

遠投のほうはこの日は船の往来が激しく、頻繁に仕掛けを上げなければならなかった。15時頃まで次男がメタルジグでチビメバルとイナダ(ツバイソ)を上げたのみで、遠投はフグも釣れない完敗状態でした。
普通はここで納竿といくところですが、夕まずめの大アジに期待して細々と続けておりました。
そしてそのときがやってきました。例の如く寄港の漁船が見えてきたので、それでも竿を持ってぎりぎりまで待とうとしていたところ、コツンコツンと当たりがきました。(船に気を取られていてウキは見ていませんでした)
あわてて合わせると結構な引きです。周りのみんなにクロダイが掛かったと自信を持って言えるこの感触。ただ問題は迫り来る漁船。いやがるクロダイを強引に引き寄せる感じですかね、ひたすら巻きましたが大きくしなった竿を見て漁船のほうも大回りしてくれたようです。上がったのは45cmでまあまあのサイズです。

次は長男の番です。長男は遠投カゴ釣りは今回が初めてです。釣行回数は少ないですが実績は上げているので腕(運)はいいと思います。
16時頃、並んで流している長男のウキが見当たりません。何せ、それまで当たりが1回もないので、ウキが消し込んでも半信半疑。でも間違いなく掛かっていました。それも結構な大物が。。。
最初は彼女に上げさせようと思ったようですが、途中から腰を入れないと持っていかれそうな強い引きで、横で見ていてもそのパワーがわかります。竿を起こそうにもそれができない状態でしたから。
結局上がったのは49cmでした。残念ながら何回測っても50cmはありませんでした。もうちょっとシッポが長かったら。。。
しかしこの大きさは、いきなり父親の記録の46cmを超えてしまったのです。
e0151930_23553536.jpg
この写真では49cmと45cmの差は小さいですが実際は雲泥の差です。
[PR]
by abcden21 | 2010-05-04 18:28 | 遠投カゴ釣り
line

   こさど丸(06年夏)    佐渡と上越をメインフィールドにしている長野在住のアングラー備忘録


by abcden21
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31